審美歯科(詰め物・被せ物)

審美歯科とは

虫歯や歯周病などの機能的な面の治療とは違い、歯並びを直したり、欠けた歯を修復したりと「美しさ」を目的とした治療のことです。

クラウン(被せ物)

虫歯で歯が大きく壊れてしまった場合などに使用する金属などによる修復物の総称です。「銀歯」や「差し歯」などと呼ばれるものがそれに当たり、歯の一部だけを修復する「一部被覆冠」、歯の全部を修復する「全部被覆冠」、残っている根や歯の一部に差し込んで、歯全体を修復する「継続歯冠」の3種類に分けられます。

ブリッジ(被せ物)

何らかの理由で「歯が抜けてしまった」場合に、その隣にある歯を土台となるように削って人工の歯を橋のように繋げた「被せ物」です。固定がしっかりしているため安定性が良いのですが、土台となる歯に負担がかかってしまいます。

インレー(詰め物)

虫歯が小さい場合に虫歯の部分を削り取って、削った部分に詰めるものです。
セラミックや金属、レジンなど様々な材質のものがあります。

どのような材質を選べば良いのか

保険が適用される材質は、レジン(プラスティック)や金銀パラジウム合金の2種類。金銀パラジウム合金はすり減りにくいのですが、見た目の色が銀色で違和感を覚えることがあります。レジンはコンポジットレジンという歯科用のプラスティックを使用しています。見た目は歯の色に近いのですが、割れやすく長期の使用により変色してしまう材質です。それに対して自費治療で使える材質は自然な色合いで歯のことを気にせず生活することができますが、それなりの費用がかかってしまいます。患者様が自費治療をお考えの場合は遠慮なくご相談下さい。

プラスティックの歯の変色や金属アレルギーにお悩みの方にお勧めの材質

オールセラミッククラウン

全体がセラミック(陶器)でできています。見た目が天然の歯の持っている色彩や透明感に近いのが特徴です。また、金属を全く使わないので金属アレルギーに悩まされている患者様には最適な材質です。ただし、天然の歯のような粘りがないため、割れたり欠けたりすることがあります。

ジルコミアセラミッククラウン

こちらも金属を使用していないので金属アレルギーの心配がありません。ジルコニアは強度が強いため奥歯やブリッジにも使えます。プラークなどの汚れも付きにくく、ほとんど変色しません。ただし、歯を削る量が多めなことと、周囲の歯や噛み合う歯を痛めることがあります。

ホワイトニング

歯科において、ホワイトニングと言えば「歯を白くする事」の全てを指します。例えば、歯のクリーニングやセラミッククラウンなどの被せ物もホワイトニングということになります。しかし、現在一般的に「ホワイトニング」と言えば、歯を漂白して白くする事です。先天的あるいは後天的な歯の着色を取り除くのですが、すべてのケースで必ず白くできるというわけではありません。また、事前のチェックで虫歯があったり、歯石がたくさん付いているなど、口内の状況によってはすぐにホワイトニングを受けられない事があります。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、当院で型取りしたオリジナルのマウスピースを使って行います。方法は簡単で、マウスピースに当院で処方した薬剤を入れて1日2時間ほど装着するだけです。歯の黄ばみなどが気になる方も自宅で気軽に行え、通院する必要がないので大変便利な方法です。しかし、個人差はありますが平均的な歯の白さになるまでは毎日ホワイトニングをしても約1ヶ月は必要です。また、ホワイトニング中は着色性の食品を口にすることができません。例えば、コーヒーや紅茶、チョコレート、醤油といった物や合成着色料を使用している食品などです。

オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングをオフィスホワイトニングと言います。歯に薬剤を塗りレーザーや光を当てることで短期間で行うことが出来ます。歯科医師や歯科衛生士が処置を行うため安全かつ手間いらずです。また、最初の処置その日に効果が出るので早く歯を白くしたい方にはオススメとなるホワイトニングの方法です。しかし、効果が早い分、持続性が短いです。ホームホワイトニングが1~2年持続するのに比べ、オフィスホワイトニングは3~6ヶ月しか効果がありません。また、希望の白さにならなかった場合は、何度か当院に通って頂く必要があります。オフィスホワイトニングでは、ホワイトニング後24時間はコーヒーやカレー、赤ワインといった着色性の食品は制限されます。

ホームとオフィスどちらのホワイトニングが良いのか

ホームホワイティングとオフィスホワイトニングには、どちらも一長一短があります。
ホームホワイトニングは、マウスピースが出来てしまえば薬剤代だけで済むので長期的に見れば出費を抑えることが出来ます。しかし、ホワイトニング期間中の飲食に制限があったり、即効性がなく手間暇がかかったりなど精神的な負担があります。
一方、オフィスホワイトニングは処置の全てを歯科医師、歯科衛生士が行いますので短時間で済み、安心です。また、白さもすぐに実感でき、飲食の制限も24時間と、ホームホワイトニングと比べれば雲泥の差があります。結婚や面接など日にちに期限がある方に便利です。しかし、白さの持続力が短く通院の度に治療代がかかるため、費用面での負担が大きいです。