歯肉の黒ずみ除去

歯肉が黒ずむ理由

先天的に黒っぽく見える人もいますが、歯肉が黒ずんでしまう主な原因には、「喫煙」「差し歯や被せ物」「歯周病」があげられます。喫煙が原因の黒ずみは歯肉全体が黒ずんで見えます。差し歯や被せ物は保険適用の合金を長期間使用すると酸化や腐食が起こり歯肉に合金の成分が蓄積してしまいます。そのため歯と歯肉の境目が黒ずんで見えることがあります。メラニン色素による歯肉の黒ずみは一度付いてしまったら自然に治ることはありません。当院では、歯肉に沈着したメラニン色素を医療用レーザーで除去していますが、治療中の痛みは少なく、短い時間で済ます事が出来ます。

レーザー治療のメリット

歯科用レーザーを利用するメリットは、出血を抑える事が出来ることです。歯肉の切開において出血がほとんどないため、治療箇所が簡単に確認できます。また、炎症を起こしている組織を取り除いたりすることで腫れや痛みを和らげることもできるため、当院では半導体レーザーを導入して、黒ずみ除去だけではなく歯周病や口内炎などの消炎治療、傷口の消毒や外科手術などでも積極的に活用しています。

メラニン除去をされた患者様へ

治療後、1~2週間程度は辛いものや塩辛いものなど、刺激物を避けてください。また、治療した部分は一時的に白くなりますが2~3日で皮が剥がれて、1~2週間程度できれいな色になります。この期間は刺激物を食べるとしみることがあります。また、喫煙される方はメラニン色素が再び沈着してしまう傾向があります。

歯肉と歯の境目が黒ずんでいる場合

被せ物と歯肉の境目が黒くなってしまっている場合があります。これは加齢によって歯肉のラインが下がったり、金属を使用している土台から金属成分が流出したりしてしまったことが原因です。このようにメラニン色素が原因でない場合は、オールセラミッククラウンで黒ずみを改善します。