義歯・目立たない入れ歯

入れ歯(義歯)とは

歯を失ってしまった人にとって、その歯の代わりとなるものが義歯です。全ての歯を失くしてしまった人のためにある総義歯、部分的に歯がない人が使う部分床義歯があります。どちらの義歯も、歯を抜いた部分の粘膜で噛む力を支えています。そのため、口の中を正確に型取りすることや、粘膜に合わせて義歯を微調整して精密に作りあげます。
また、歯が抜けてしまったところをそのままにしておくと、隣の残っている歯が他の歯に押されて空いている部分へ少しずつ移動していきます。これにより、噛み合わせが悪くなってしまい、噛む力が落ちたり、また残った他の歯にも負担がかかったりしてしまいます。

入れ歯の種類

レジン床義歯 保険で対応できるプラスティック製の義歯。
金属床義歯 薄い金属を材料で作られる義歯。精密に仕上げるので異物感が少ない。
インプラント義歯 チタン製の人工歯根を失われた歯の歯根へ埋めて人工の歯を付けたもの。
パール・クラスプ義歯 義歯を維持するバネに「歯の色調に一致させやすい」「汚染しにくい」「アレルギー反応がない」という特性を持つ。
ノンクラスプ義歯(バネのない入れ歯) 金属クラスプを使用していないため義歯とは気づかれにくい審美性の高い入れ歯。

入れ歯の悩み

「入れ歯を入れると痛くて食べることが出来ない」という声をよく聞きます。入れ歯を入れて、手で全体を押さえて痛みが出るようなら、その入れ歯は合っていません。しかし、手で押さえて痛くないのに食事をすると痛い、というのは上下の噛み合わせに問題があります。いずれにしても調整をしなくてはなりませんが、噛み合わせに問題がある場合は、噛み合わせの検査が必要になってきますので、必ず当院へご相談下さい。

審美義歯

保険に対応している義歯は、金属のバネで固定しているため、口を開けた時などにバネが目立ち明らかに入れ歯をしている事がわかってしまいます。そこで、保険外の義歯ですが金属のバネを取り去った、見た目の良い目立たたない入れ歯、「ノンクラスプデンチャー」と呼ばれる審美義歯ができました。口を大きく開けても入れ歯とは気付かれにくく、軽くて柔らかい材質のため、装着感が高く違和感が少なくなっています。また、義歯を支えるための金属バネがないため、現存している歯を痛めてしまうこともありません。