インプラント即時埋入

抜歯即時埋入とは?

抜歯後にできた穴に、その場ですぐにインプラントを入れる治療法を抜歯即時埋入法と言います。
通常の治療法であれば抜歯後、数ヶ月経った後にインプラントを埋入しますが、抜歯即時埋入法であれば、抜歯後、何ヶ月も待たずにインプラントを入れることができます。
抜歯即時埋入法のメリットとして、治療が短期間で終えられるのに加え、骨が吸収するのを抑らえれるので、術後の痛みや腫れを軽減させることができます。

抜歯即時埋入法のメリット

・抜歯してできた穴に埋入するため、歯ぐきの切開を行わずに済むので、痛みや腫れを抑えることができる。
・治療期間を数ヶ月短縮することがでる。また、外科処置の回数も減らすことができる。
・ドリルで骨を削る量・時間が少なく済み、身体的、精神的にも負担を減らすことができる。
・抜歯後の骨吸収が起こる前に埋込するので、骨量を保つことができる。

ただし、骨や歯肉の状態、口腔衛生状態などの条件により、即時埋入ができない場合や通常通り数ヶ月待ってインプラントを埋入する方が良い結果を残せる場合もあります。その場合は通常通り、抜歯後数ヶ月待ち、骨や歯肉の状態を良好にした上でインプラントを埋入します。
しっかりと診断を行った上で、即時埋入が可能かどうか判断をいたしますので、一度当院までご相談ください。

抜歯即時埋入法の流れ