医院紹介

院長紹介(院長インタビュー・略歴)

院長 谷本 良司

歯科医師を選ばれた理由を教えてください

昭和2年に祖母が山川町で歯科医院を開業して以来、父そして三代目である私と約80年に亘って代々受け継いできました。子供の頃は自宅が医院だったこともあり、治療をしている父や患者様の姿などに日常生活の一部として接していました。その「当たり前の景色」が「歯医者になる」という道に導いてくれたのだと思っています。

治療において、どのようなことを大切にされていますか?

患者様にご自身の状態を理解していただくことが大切だと考えています。診療というのは、医師に言われたから「しかたなく治す」というものではなく、自分の意思で「治す」という気持ちを持つ事が大切です。そのためにも「自分の意思で治す」という動機付けをしてあげることが医師による治療の第一歩だと思います。

患者様が治療内容を理解できなければ、医師の言葉は一方通行でしかなく効果がありません。最新の医療機器を利用することでわかりやすく患者様に説明することができますので積極的に導入しています。そして、医師の説明を十分理解してもらう→今後どうすれば良いかを患者様が考える→健康へのヒントを患者様に伝える。このような段階を経て「納得できる最善の治療方法」を患者様と共に決めています。

患者様へ特に気を配られていることはありますか?

安心で安全な環境を作ることを大切にしています。例えば、歯を処置する際、口の中にいる様々な菌が血管から入ってきてしまいます。患者様が細菌やウィルスに感染することを防ぐため強力な殺菌力を持つ「POICウォーター(エピオス水)」を診療に利用しています。また、当院のスタッフには「患者様が安心感を持って『また来よう』と思えて、来る時の『憂鬱』を和らげることができるよう自分なりに考えて下さい」と伝えています。

また、インプラント治療は患者様が望まれても出来ない場合があります。そのような場合、「今は出来ない」とお答えしています。その時に、無理をしても患者様の利益を損なうだけだからです。

地域に根ざした医院としての役目を教えてください

ご来院頂いている多くの患者様には、治療よりも予防の大切さをお伝えしています。もちろん、治療も大切ですが、せっかく治療した歯もその後のケアがキチンとできていないまま放置されてしまうと、再び治療が必要な状態になってしまい、辛い思いをしなければならなくなります。

そのため、患者様に対する治療が終われば全体的なチェックを行い、ケアに必要となるアドバイスをさせて頂いております。「3~4ヶ月後くらいにまた来てください」と声をかけると、痛みの治療などがなくても自主的にご来院される方が増えています。

患者様にひとことお願いします

縁あって患者様と歯医者という立場でお会いすることができました。患者様が、一生自分の歯で、あるいは一生コンディションの良い状態で食事を楽しむことができて、いい人生を送れるようにしましょう。そのためのパートナーでありたいと願っております。

略歴

1986年3月 東日本学園大学 歯学部(現、北海道医療大学)卒
1986年4月 千葉大学医学部附属病院 歯科口腔外科入局
1988年4月 社会保険病院 船橋中央病院 歯科口腔外科医長
1989年5月 谷本歯科医院 院長として勤務
所属団体
  • 日本歯科医師会会員
  • 日本口腔外科学会会員
  • 日本インプラント学会会員
  • 日本顕微鏡歯科学会会員
  • 日本顕微鏡学会会員

診療方針

1誠意を持って対応する事、できるだけ丁寧に診療を行います

治療期間が他の医院より長いとよく言われますが、最善の結果を得るために説明や治療を丁寧に行い、そして妥協せずに進めているからです。

2地域に根ざした治療を心がけ、より良いパートナーとなることを目指します

糖尿病が深刻な問題となっている徳島県。糖尿病と歯周病の因果関係がわかってきました。歯をケアしていく事は体全体の健康を保つ第一歩です。

3時代に即した機器や情報を取り入れ安心、安全な環境を作ります

昔の常識「食後3分以内、3分間の歯磨きを1日3回」は今や非常識。時代と共に変わる治療方法や技術、機器で柔軟に対応します。

医院紹介・設備紹介

診療室

広々とした空間で診療を行っております。

待合室

子供が遊べるプレイルームやマッサージチェアもあります。

CGF

インプラントなどの外科治療で、骨や歯周組織の骨再生の際に使用するものです。患者さまご自身の血液を使用して血液を遠心分離し、それを使用して骨を再生するため、安全度が高く、感染症の問題も防ぐことができます。

半導体レーザー

歯茎の黒ずみ除去や、切開、止血、殺菌と幅広く使うことが出来ます。口内炎の治療や入れ歯が当たる痛みなどにも有効で素早く痛みを取ることができます。

デジタルレントゲンシステム

パソコンで画像を処理するため、拡大や縮小が簡単でモニタ上で確認することができます。インプラントのシミュレーションも出来るうえ、レントゲンの照射量も通常よりも少なくすることができます。

DENTAL X(口内情報管理システム)

患者様の歯や歯肉の状態を図で示すことができるシステムです。わかりやすいように図で表示してくれます。説明の後、プリントアウトしたデータをお渡ししていますので悪いところなどをご自身でご確認いただくことができます。

フォトニッククリーナー(UVオゾン洗浄改質装置)

インプラント表面の不純物を取り除き、骨結合を促進させる装置です。

ダイアグノデント

レーザー光を使用し、隠れた虫歯を発見し、その進行状況を数値化できる機械です。軽度な虫歯の場合、削ずるか否かの指針となります。

生体情報モニター

病院の手術室でも使われている高性能のモニターです。

CT

骨や歯を3次元的に撮影する装置です。特に、インプラントの手術を安全に行うに当たり、必要不可欠な装置です。

エピオスエコシステム

この装置で、殺菌水を生成し、診療室内で使用する水は、すべてこの装置からでています。(チェアー5台含む)※エピオスエコシステム詳細

コスモアイキュア

根の治療や歯肉の治療など、多目的に使える装置です。とても重宝しております。

POICウォーター(エピオス水)

患者様が細菌やウィルスに感染することを防ぐため強力な殺菌力を持つ水です。

基本情報

医院名 谷本歯科医院
住所 〒779-3401
徳島県吉野川市山川町翁喜台169-11
電話番号 0883-42-2069
最寄駅 阿波山川駅 徒歩3分

診療時間

 
午前 9:00~12:30 - -
午後 14:30~18:30 - -

休診日 日曜、祝祭日 ▲:2・4木曜日 第1・3・5木曜日午後